WORKS

これまで手がけた内装事例

AUBE hair koto

LOCATION 京都府
TOTAL AREA 45㎡/13.5t

Contemporary-コンテンポラリー-

BALANCE DESIGNが手掛けた京都市にある美容室の内装事例

コンテンポラリーとは、トラディショナルと対比する表現で、「現代的」という意味の言葉。
トラディショナルが親しみやすさと心地よさを重視したスタイルであるのに対し、コンテンポラリーは目新しさを楽しむスタイルです。
ポイントは単独のスタイルに限定せず、様々なジャンルのもの同士をバランスを考えながらコーディネートしていくことです。

今回は重厚な雰囲気のなかにヴィンテージ感のある素材をプラスしてバランスをとっています。
入口に入るとまず目に入るのが、壁一面に貼られているマーブル柄(大理石模様)があしらわれたタイル。
単調にならない様、柄が同じ2色のタイルを使用し、リズムをつけています。
また、今はやりのメタリック素材をミラー枠に取り入れ、洗練された雰囲気を演出しています。
セット面の天板にはミラー枠の雰囲気とは対照的なグレイウッドという古材を使用し、コンテンポラリー的なコーディネートにしています。

受付カウンターは、形状こそシンプルですが全面を大理石で覆い、その上にコッパー色のペンダントライトを吊るしてあります。
このペンダントライトは今大注目のイギリスのブランド「TomDixon」の商品を採用。
また、カウンターバックの収納の扉枠に鏡面のステンレスを使用し、店の顔でもある受付スペースに艶感を与えています。

独立型のセット面は、当社オリジナルで設計した家具で、ここでも統一感を出す為グレイウッドと大理石を使用しています。

シャープで高級感のある素材が多い為、天井や柱は建築当初の打ちっ放しのコンクリートをそのまま利用し、全体のバランスをとっています。

内装画像

BACK TO INDEX

+ MORE



簡単お見積りはこちら

「この物件のようなデザインにしたい」
「費用はどのくらいかかるんだろう」
「予算を安く抑える方法はないだろうか」
そんなお悩み、ぜひBALANCE DESIGNにご相談ください。

お電話でのお問い合わせは

03-6450-6574

営業時間 10:00-19:00 (土・日・祝 定休)

WEBからのお問い合わせは

相談フォームへ

24時間受付(2営業日以内に返信いたします)